農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

ホーム > 防除暦一覧 >  2021年度桃病害虫防除暦



 

2021年度 桃病害虫防除暦

防除暦ももアイキャッチ

令和3年度(株)山東農園 [フリーダイヤル]0120-09-9393 [FAX]073-478-2655

       
防除時期 対象病害虫 使用薬剤 倍数 収穫前/回数 備考
2月下旬
(催芽直前)
縮葉病 石灰硫黄合剤

又はチオノックフロアブル
7倍 発芽前/-  
黒星病 500倍 7日前/5回
3月下旬
(開花前)
せん孔細菌病 ICボルドー66D 50倍 -/-  
  グッドパートナー25 1000〜1500倍  
4月上中旬 (落弁期) 黒星・灰星・うどんこ病 ストロビードライフロアブル 2000倍 前日/3回 ○灰星病多発園はロブラール水和剤1000倍
シンクイムシ類 ロディー乳剤 1000倍 前日/5回 ○うどんこ病多発園はトリフミン水和剤1500倍
せん孔細菌病 バリダシン液剤 500倍 7日前/4回  
  グッドパートナー25 1000〜1500倍    
4月下旬 せん孔細菌病 マイコシールド水和剤 1500倍 21日前/5回 ◯台風襲来や風雨により、せん孔細菌病の発生を
助長されるので風雨直前にマイコシールド1500倍が良い。
マイコシールド連用による耐性菌や収穫前日数の21日前で使えない場合などは
スターナ水和剤1000倍(7日前/3回)や
バリダシン液剤500倍(7日前/4回)が良い。


◯カイガラムシ・ハダニが気になる場合はコルト顆粒水から モベントフロアブル2000倍が良い。


モベントフロアブルとマイコシールド、アグレプト混用の場合
※混用順 モベントフロアブルアグレプト水またはマイコシールド


◯ハダニ類発生園では、ダニコングFを2000倍(前日/1回)散布する


◯せん孔細菌病の病原菌が枝に潜伏感染した状態で越冬させない為に2回防除を徹底する。
黒星病・灰星病・うどんこ病 オルフィンプラスF 3000倍 前日/3回
アブラムシ類・シンクイムシ類 ダントツ水溶剤 2000倍 7日前/3回
  グッドパートナー25 1000〜1500倍  
5月上旬 黒星病・赤点病 ジマンダイセン水和剤 600倍 21日前/3回
せん孔細菌病 デランフロアブル(かぶれ注意) 600倍 7日前/4回
カイガラムシ類 コルト顆粒水和剤 2000倍 前日/3回
5月中旬
(袋掛け前)
せん孔細菌病 マイコシールド水和剤 1500倍 21日前/5回
黒星・灰星・赤点病 ダコレート水和剤 1000倍 3日/3回
シンクイムシ類・ハモグリガ・コスカシバ サムコルフロアブル 5000倍 前日/2回
  グッドパートナー25 1000〜1500倍  
5月下旬 黒星病・灰星病 オルフィンプラスF 3000倍 前日/3回
シンクイムシ類・ハモグリガ ディアナWDG 5000倍 前日/2回
6月上旬〜6月下旬
(早生収穫前)
黒星病・灰星病 スクレアフロアブル 3000倍 前日/3回
ホモプシス腐敗病
7月上旬〜7月中旬
(中生収穫前)
クビアカツヤカミキリ モスピラン顆粒水和剤 2000倍 前日/3回
カメムシ類・シンクイムシ
9月上旬(収穫後) カイガラムシ類幼虫 アプロード水和剤 1000倍 14日前/3回
落葉初期〜落葉中期 せん孔細菌病 ICボルドー412 30倍 -/-
  グッドパートナー25 1000〜1500倍  
10月 コスカシバ
(樹幹部及び主幹散布)
フェニックスフロアブル 200倍 開花期まで  
/1回
12月 カイガラムシ類 マシン油乳剤(95%) 25倍 発芽前/ー  
 
●クビアカツヤカミキリ幼虫対策としてフラス(木くず、虫ふん)の発生が確認されたら樹幹・樹枝の食入孔へのロビンフッド(前日/5回)を噴射しながら注入する。
※黒太文字および黒下線部分が昨年の防除暦からの変更点になります。
※商品文字をクリックしていただくと商品詳細ページに移動します。

2021年度モモ防除暦の印刷・ダウンロードをご希望の方はこちらから