農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

コナジラミ


  

「被害の様子」
コナジラミの排泄物によりすす病が発生し、生育不良や商品価値を著しく落としてしまいます。
また、着色異常を生じたり、白化症を引き起こすこともあります。

「発生時期・発生条件」
防除時期は、4月〜10月頃と長期間に渡ります(地域によって差があります)
高温で乾燥していると発生しやすく、温度、湿度が保たれているハウス内では冬でも発生します。

「防除ポイント」
発生密度が上がってから対策をするのは困難で、生育初期から予防的に防除をすると効果的です。
薬剤抵抗性を持ったコナジラミやタバココナジラミ、シルバーリーフコナジラミなど種類により薬剤の選択に注意が必要です。
一部のタバココナジラミ(バイオタイプQ等)は黄化葉巻病を媒介するので、薬剤防除、耕種的防除ともに対策することが必要です。
 

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴
アグリメック乳剤 トマト 500〜1000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 薬剤抵抗性品種にも高い防除効果
アニキ乳剤 トマト 1000〜2000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 薬剤抵抗性品種にも高い防除効果
ダブルシューターSE トマト 1000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 2成分の相乗効果
モベントフロアブル トマト 2000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 遅効性だが長い残効、薬剤抵抗性品種にも高い防除効果