農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

ミカンキイロアザミウマ


< 葉の被害 >

  


< 果実の被害 >


 
 


「被害の様子」
成虫、幼虫ともにトマトを吸汁加害し、食害そのものもですが黄化えそ病を媒介する可能性があります。
葉を吸汁されると、その部分が白色や黄色や褐色に変色していきます。
花を吸汁されると、果実に白ぶくれ症を発生させます。

「発生時期・発生条件」
防除時期は、露地栽培は5〜7月です(地域によって差があります)
雨が多いと発生は少なくなり、雨が少ないと多発しやすくなります。

「防除ポイント」
密度が上がる前の予防が理想ですが、多発してしまった場合は即効性のある薬剤を使いましょう。
また、圃場周辺の雑草なども増殖する原因となるので、予め除草や草刈りなども効果的です。
 

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴
コテツフロアブル トマト 2000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 ダニ類との同時防除に
マッチ乳剤 トマト 1000〜2000倍 収穫前日まで 散布 4回以内 遅効的だが長い残効
モスピラン顆粒水溶剤 トマト 4000倍 収穫前日まで 散布 3回以内