農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

すすかび病または葉かび病

< 葉かび病 >


 



< すすかび病 >


 

「被害の様子」
2つの病気は別の菌ですが類似点が多く、葉に黄色く病斑が現れ、徐々に拡大しながら黒褐色に色が濃くなっていきます。

「発生時期・発生条件」
防除時期は、露地栽培での葉かび病は、春先から初夏、秋にかけて発生します。
露地栽培でのすすかび病は、夏から秋にかけて発生します(地域によって差があります)
葉かび病は気温が20〜25℃、すすかび病は26〜28℃、ともに多湿条件で発生しやすくなります。
 
「防除ポイント」
薬剤防除も効果的ですが、密植、過繁茂を避け通気性をよくすることも大事です。
葉かび病は肥料切れからも発病しやすくなるので注意が必要です。


 

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴
ネクスターフロアブル トマト 1000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 予防効果
ダコニール トマト 1000倍 収穫前日まで 散布 4回以内 予防効果
トリフミン水和剤 トマト 2000倍 収穫前日まで 散布 5回以内 予防+治療効果
シグナムWDG トマト 2000倍 収穫前日まで 散布 2回以内 予防+治療効果