農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

ヨトウガ

  


5〜6月、9〜10月に被害が目立つ農業害虫です。
孵化幼虫は集団で葉裏から食害します。葉が白変し、幼虫が大きくなると葉に0.5〜2cmの大きさの孔が空き、ときには葉脈しか残らない場合があります。
特徴として大きな孔がいくつもあるのに虫が見つからないということがあります。
ハスモンヨトウと異なり卵塊は毛で覆われていません。野菜栽培地域で多発しやすいので注意が必要です。
防除時期は被害が多発しはじめる5月及び9月頃となります。地域により最盛期が異なりますのでご注意ください。
被害症状が見られるようになった場合は直ぐに防除を行ってください。