農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

【ナス】ハスモンヨトウ



  


8月〜10月に多く発生する農業害虫です。
卵塊から孵化し集団で葉裏から食害します。
食害された葉はサメ肌状の白変葉となり、老齢幼虫になると葉を食い尽くし丸坊主にすることもあります。
多発時には果実表面や内部を食害します。
卵塊は茶色の鱗粉で覆われており、老齢幼虫になると昼間は葉裏や株元の敷きわら、土中に潜んでおり、夜間に葉や果実を食害します。密度が低くても被害が大きいので注意が必要です。
防除に関しては老齢幼虫では薬剤の効果が弱くなるため注意が必要です。被害症状が見られた場合は直ぐに薬剤を散布してください。
 

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴
プレバソンフロアブル なす 2000倍 収穫前日まで 散布 2回以内 地域によっては抵抗性の話がある
ディアナSC なす 2500〜5000倍 収穫前日まで 散布 2回以内 即効的だが残効は短いので予防には向かない
アニキ乳剤 なす 1000〜2000倍 収穫前日まで 散布 3回以内  
アファーム乳剤 なす 2000倍 収穫前日まで 散布 2回以内  
アクセルフロアブル なす 1000〜2000倍 収穫前日まで 散布 3回以内 遅効的だが残効が長いので予防に向く