農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

【ナス】青枯病

    




6月〜9月の地温が20℃〜25℃を超える時期に多発する病害です。
日中に一部の茎葉がしおれ夜間には回復します。また晴天時にしおれ、曇天時に回復する症状が見られますが、数日後にはしおれ症状は回復しなくなり、下部全体のしおれ症状が強くなりやがて枯死します。
土壌伝染性の病害で、水はけの悪い圃場等で発生しやすく、多発原因は連作と土壌消毒の効果不足がおもな原因です。
防除時期は植える前と植える時になります。土壌消毒を入念にしてください。また連作は避けてください。



 

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴
バスアミド微粒剤 なす 30kg/10a   は種又は定植21日前まで 本剤の所定量を均一に散布して土壌と混和する 1回 土壌消毒

土壌害虫の防除をする。