農薬販売通販サイト|安い農薬をお探しなら山東農薬オンラインストア

【柑橘】炭疽病

病原は糸状菌で、極早生みかんや早生温州の日焼け部位から発病する。日焼け果は、園地の立地条件によって大きく異なるが、土壌の保水力が悪い園地や老木で細根量の少ない樹で多発する。また、収穫時に発病していなくても、収穫時や選果時に生じた傷から発病する場合もある。日焼け果は炭酸カルシウム剤の散布で軽減できる。収穫後の炭疽病の発生抑制にはベンレート水和剤。

おすすめの農薬

< 登録内容 >

薬剤名 作物 希釈倍数 使用時期 使用方法 使用回数 特徴  
ジマンダイセン水和剤 かんきつ(みかんを除く) 600倍 収穫90日前まで 散布 4回以内  
ナリアWDG かんきつ 2000倍 収穫14日前まで 散布 3回以内